最後から二番目の思想

それは終わりから二番目のような、儚く醜い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

梅雨明け


一昨日は一匹、クマゼミが鳴いていた。

それはもう、懸命に鳴いていた。


他にセミは居なかった。

ジワジワと、背筋に入り込むような音で、ただただ鳴いていた。




昨日は激しい雨が降った。

それはもう無残なほどの、雨だった。



遅く起きた朝にはもう、雨は止んでいた。

暑苦しいセミの声は、もうどこからも聞こえなかった。



向かいの犬は、いつまでも鳴きやまなかった。



スポンサーサイト
ゲーセン | コメント:0 | トラックバック:0 |

沖縄はもう暑い

沖縄の夏は早く
そしてまた、梅雨も長いのであった。

急に降るスコ-ルのような雨は
私の洗濯物をことごとく濡らし

洗面所に溜まった衣類は
着実にカビの温床となっていった。


先日は、もうじき廃棄しようと思っていた
私とはもう四年近い付き合いになったバッグが
以前海鳥のフンを被った場所を中心に
私の知らぬ間に、カビの培養に成功していた。

私は、彼に軽く一礼をして、ゴミ箱へと放った。
しかし長年を共にした彼の形見として
ヒモを取っておくことにした。

私が軽く、ヒモを短く収納すると
ボロボロと合皮の層が床へと落ちていくのだった。
ヒモも捨てた。


湿気取りをいくつ設置しても
除湿機でも置けよと言わんとばかりに
開けたばかりの箱に、なみなみと水が溜まるのであった。

革靴もカビた。


最近の私には
靴を洗うような精神的余裕も時間もなかった。

でもこうしてブログを更新する。

誰が見ているわけでもないが
こうしていると少し落ち着くのだ。

そういえば、カウンセリングでは
自己の感情の処理方法として
言いたいことを紙に書き上げる
という方法があることを思い出した。

ブログを書く者の多くは
知らぬ間にセルフカウンセリングを行っているのかもしれない。

なるほど。
カウンセリングの定義からはかなり外れるが
この営みからは、人間の自浄本能のようなものを感じる。

もちろんそんな言葉はないが
人間は生れ落ちたときから死ぬそのときまで
ひとときたりとも離れることなく付き添うのは
まぎれもなく自身の躰と心のみ

この世で単独で行動せねばならぬ固体に
精神の自浄作用という回復能力を持たせないというのは
あまりにも無謀にして無残。

それゆえ人は趣味を持ち
それをもって、日々の生活の糧としてきたのだ。







気だるい一日が終わった。


私は少し、散歩をすることにした。


KC3H0083.jpg


沖縄にはもう、ヒマワリが咲いているというのか。

毎年毎年、ご苦労なことである。



この無垢な元気さには

不機嫌そうに歩く私でも、思わず視線を奪われてしまう。


そうだ、

私もこんな人になろう。




そうであればいい。


そう思った。



何事にも惑わされない、穏やかな心を持とう

そうも思った。


KC3H0084.jpg


私は小さな商店でメタルギアのマウンテンデューを見つけると

何の迷いもない動きでそれを掴み

大きな鼻息も隠さぬぬままに、小走りでレジへと向かった。


雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ルートビアを知っているか

沖縄といえばA&W

エーアンドダブリューじゃないよ

エンダーだよ。


このチェーン店がどうかは知らないけれど

エンダーは沖縄の方言で優しい人って意味なんだよ。


ちなみに私はエンダーっていう泡盛が大好きだったりします。




ちなみまくりですが
今日はエンダーに行ってきました。

KC3H0070.jpg

ここに車とめたよ

ここから店員呼んで

車の中で食べれる仕組みなんだって。


せっかく店があるのに車で喰いたいのか・・・
ここを使う人がよく分からないよ。

KC3H0081.jpg

今日は何も食べてなかったので

深夜にもかかわらずガッツリ食べたよ。


左下のはジンジャー何とかバーガー

名前忘れちゃった。

この中の肉は7割がこんにゃくで出来てるんだって。

ヘルシー志向の私にはピッタリ

何とビーフパティは75キロカロリーなんだって!凄い!

でもパンとかをあわせると295カロリーなんだってさ。

何のためのヘルシーなのかよく分からないよね。

もうちょっとこだわってよ・・・


KC3H0082.jpg

話の途中に折り紙。

最初は紙飛行機だったのに
戦闘機になり、ソードフィッシュⅡ(カウボーイビバップ)になり
最終的にはエヴァの股間みたいになってしまった。

それはさておき、今日紹介したいのは

エンダーの代表ジュース、ルートビア(おかわり自由)

皆さんはご存知だろうか。

アメリカのジュースといえば、ドクターペッパーとルートビア

どちらも薬害テイストで有名なんだけど

これは本当に危ない。

身体が私に教えてくれる

これは間違いなく飲み物ではない、と

それもそのはず、イソジンに砂糖と炭酸を入れたような味

こいつは飲めたもんじゃねぇな!


だが漢なら飲んでみせろ!!

一度決めたことを投げ出すんじゃない!!

コブタはおもむろにストローを取り出した。

チュウゥゥゥゥゥウウゥウゥゥゥッゥッゥゥゥウウウゥゥゥゥウゥゥウゥゥゥゥゥウウッゥゥウゥゥゥ

飲める!私にも飲めるぞ!!

ストローの飲み口を喉の奥に配置することにより

舌に液体を当てずに飲み干せるッ!

これで完璧だ!!ハハハハハハハハハ!!

う、うわァッ!!

約三秒ほどで味が降りてくるッ!!

追いかけてくる!追いかけてくるんだ!!

これは必ず追いつかれる鬼ごっこ。

最初から分かっているというのに

私は無謀にもこの巨壁に何度でも挑んでしまう

私はそのたびに崩れ落ち

私はそのたびに再戦を固く誓ったのだった

これは恐らく私の人生で一番下らなく

一番勝ち目の無い闘いなのであった。。。。




最初にドクターペッパーを飲んだあの日から
私の身体の中には恐ろしい魔物が棲みついてしまったようだ。

しかし私は意外にも、そいつを気に入ってしまっている。

グルメ? | コメント:2 | トラックバック:0 |

にゃにゃにゃにゃっとう

節約もしなきゃだけれども

食べなければ健康を損ね

通院は最大の損益となる。。。


そうだ、胃を痛めてからというもの

病院にはかなりゴッソリと生活費を毟り取られたものだ。


同じ過ちを繰り返さぬよう

私は冷蔵庫に野菜ジュースを常備し、不摂生極まりない身体に

いかにしてその負担(油物)を和らげるかに腐心している



コンビニ食はもう懲り懲りである

私は久しぶりに自炊することにした。


スーパーは遠いので、コンビニで軽く食材を調達する

私は豆腐を手に取り、それをまた元に戻した。



コンビニって、高いんだなぁ・・・・

と改めて認識させられる


納豆にするか。

私はすぐ隣の棚に目をやった。

KC3H0005.jpg

な、なんだこれは!!!!!

こんなものがコンビニで売っているというのか。


と驚きました。

こぶた。


グルメ? | コメント:2 | トラックバック:0 |

私の人生と福袋観

私は福袋が好きだ。
もはや自他ともに認める福袋マニアである。

しかし実家を離れてはや二年
私はさほどの数の福袋を買っているわけでもなければ
日夜時期外れの福袋を探し回って
日々ネットの海へと漕ぎ出しているわけでもない

それには色々な問題が関わっているわけだが
それは詰るところ「金がない」からに他ならない

それはともかくとして
私はなぜ福袋が好きなのだろうか
これは改めて考えると難しい問題である

今日はブラインドタッチの練習
を行うため、ブログ更新をすることとする

「これは訓練である!繰り返す、これは訓練である!」


この問題を考えるうえで
まず、私が福袋を最初に買った、あるいは
買おうと考えた時期がいつであるのかを考える必要がある

これについては恐らく私の記憶する限りでは
洋服の福袋が始まりであろう

そうだ。私の最初の福袋はいわゆる「あたり」であった。
その中身というものは、とてもバラ売りで同じ額で買えるものではない
見渡す限りの黒。その光景に私は興奮という感情を覚えた。
私は変わってしまった。


私はもともと
祭りのくじが好きだった。
ゲームセンターが好きだった。
パチスロ(アミューズメント用)が好きだった。

もともと、ある種のギャンブル欲求を抱えていた私が
福袋というお徳感溢れる遊びに興じることは目に見えていた。

しかし、福袋最大の問題は
「中身を全て愛せるのか」ということに他ならなかった
これは福袋の抱える永遠のテーマである

これを解決するために人は交換会を開いたり
ヤフオクで売るということをする
しかし、これは沖縄では容易ではない

そこで私が行った解決法は実に単純明快である。

「中身がある程度補償されていない福袋は買わない」
「出来る限り趣味を広く持つ」
この二つである。

そのうち、前者を駆使して買った福袋に入っていたのが

GetAttachment[1]

もう一年以上大学生活をともにしているこのタチコマである。

そして後者といえば
明日にでも届くであろう服の福袋である。

最近私の服の配色がおかしい。
旧友と街ですれ違っても気づかれないかもしれない。

明るい服を着始めてから、性格も変わった。
やはり暗い服だけでは気が滅入ってしまう。

人という意思の弱い生物が「変わる」ためには
それはそれなりの工夫が要るという

その最たるものが、環境を変えるということらしい
そうならざるを得ない状況に身を置くことにより
人は流れるままに変わっていけるのだと

つまり何が言いたいのかといえば
最近お悩みの方、福袋はいかがですか?ということなのです。


ブラインドタッチが割と出来るようになった!!
この調子だコブタ!!

ほんとにどうでもいい話ですいませんでした。
明後日にでも福袋晒します。

福袋 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。