最後から二番目の思想

それは終わりから二番目のような、儚く醜い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最後から二番目の思想

初夏の急坂に、足音ひとつ

あまりにも蝉の声が大きいので

自分の足音しか聞こえてくることはない

歩く日当にいつもの猫の姿はなく

いつも優秀な白と茶色の番犬も、首を垂れたまま、ぴくりとも動かない




坂の腹には、スタンプふたつ

重ね押しとでも言うべきだろうか

夏蝉が二匹、辛うじて形を留めながら息絶えている・・・



私は蝉が嫌いだ。


生きていようとも、死んでいようとも、

彼等ほど、その境界を感じさせぬ目を持つ生物を、私は他に知らない

それでいて、その巨体は到底その大きさに似つかわしくない程軽く

その物言わぬ抜け殻は、サクっと音を立て

それはあまりにも容易く灼熱のアスファルトにめり込んでしまうのだ!
何時か見た、あのときの鼠はあんなにも奇麗に轢かれていたというのに!




道端の死は、人の死のよう



そんなあたりまえの理不尽に、私は目を蔽ってしまう


もうこんな思考を幾年にも渡ってこの手のひらに転がしているというのに




私は未だ


未だ蝉を真っ直ぐ見る事も敵わないのだ



スポンサーサイト

雑記 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<レポートと奮闘中 | ホーム | 持病のサボリ癖が・・・・>>

コメント

私も、蝉は嫌いだ。
特に、
さなぎから還る瞬間のビデオを見せられたあの時から・・・・
今は未だ、
近づくことさえ敵わない
あのトラウマが、消えるまでは
2009-07-14 Tue 18:58 | URL | RayGrory [ 編集 ]
なんというスルースキル

Grory・・・・・恐ろしい子
2009-07-14 Tue 20:28 | URL | きつねこ [ 編集 ]
あなたはどこの国語の先生ですか・・・・。
底が知れませんね、まったく。
2009-07-15 Wed 00:57 | URL | ベーオウルフ [ 編集 ]
ルイズ!ルイズ!ルイズ!ルイズぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ルイズルイズルイズぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん

まで読んだ
2009-07-16 Thu 00:18 | URL | 尾崎 [ 編集 ]
>>ベオウル
違うんだ!
もっと・・・・・・・こう・・・・・
鋭い突っ込みを待っているんだ!


>>尾崎
いいセンスだ
2009-07-16 Thu 07:51 | URL | きつねこ [ 編集 ]
スルースキル
・・・・・・??

何か元ネタがあるのか!?

わかんない~~~;;

タヌキsの
将来は詩人ですね
わかります
2009-07-16 Thu 18:18 | URL | RayGrory [ 編集 ]
そんな天然のGroryが犬好きですので
どうかいつまでもそのままでいて下さい
2009-07-16 Thu 21:21 | URL | きつねこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。