最後から二番目の思想

それは終わりから二番目のような、儚く醜い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中二病グッズ発掘

そろそろゼミが本格的に始動し始め

音楽関連の職に就くべく勉強を始めた今日この頃

机の上のゴミを捨て、仮面ライダーのフィギュアを隅っこに飾りなおし

めでたく心機一転としたいのですが

それでもまだまだ部屋が片付きません

それもそのはず、私の家はどこもかしこも本ばかりで

部屋の隅という隅にはそれはもう結界と呼べるほどに

DVDや本が縦や横に積まれたり並べられたりしているのですから



そしてそのような混沌世界には

やはりそれに相応しい混沌が潜んでいるもので

部屋の角には、埃を蓄えるためにだけ存在しているギターが飾られていたり

小物の多い私の部屋には珍しい大型の、埃を蓄えるだけの腹筋機具が立て掛けられたり

それはもう無秩序に並んでいるのでした

GetAttachment[1]

軽い中二病を患っていたあの頃の穴開きグローブ・・・

友人と一緒に、地元から遠く離れたゲーセンで乱獲したテトラポッド人形・・・

まとめて買えば良かった大量のガンダムSEEDのOP・EDのシングル+全曲収録アルバム・・・


人間とは懐かしい思い出を貯えて生きる生物だけれど

その思い出の物の全てを抱えたまま大人にはなれない


或る人は言った。人は「捨てる生き物」だと。

成程、人間は生存に直接必要のないものを沢山抱えて生活の糧としている

その中には大切な思い出や、愛着のあるものが沢山あるだろう

でもそれらを「形あるもの」のまま置いておくという行為は

心の支えを物に頼っているということであり、それは自立した人間のやることではない

ということなのだろう


成程、私はまたそう呟いて

大量のCDを積み重ね、邪魔極まりないテトラポッドを飾り

穴開きグローブを装着して、機具を設置して腹筋を始めるのであった。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<私の人生と福袋観 | ホーム | ポテチなど・・・>>

コメント

(゜Д゜)
2010-06-01 Tue 01:07 | URL | ベーオウルフ [ 編集 ]
(`・ω・´)
2010-06-01 Tue 03:14 | URL | きつねこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。