最後から二番目の思想

それは終わりから二番目のような、儚く醜い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

沖縄はもう暑い

沖縄の夏は早く
そしてまた、梅雨も長いのであった。

急に降るスコ-ルのような雨は
私の洗濯物をことごとく濡らし

洗面所に溜まった衣類は
着実にカビの温床となっていった。


先日は、もうじき廃棄しようと思っていた
私とはもう四年近い付き合いになったバッグが
以前海鳥のフンを被った場所を中心に
私の知らぬ間に、カビの培養に成功していた。

私は、彼に軽く一礼をして、ゴミ箱へと放った。
しかし長年を共にした彼の形見として
ヒモを取っておくことにした。

私が軽く、ヒモを短く収納すると
ボロボロと合皮の層が床へと落ちていくのだった。
ヒモも捨てた。


湿気取りをいくつ設置しても
除湿機でも置けよと言わんとばかりに
開けたばかりの箱に、なみなみと水が溜まるのであった。

革靴もカビた。


最近の私には
靴を洗うような精神的余裕も時間もなかった。

でもこうしてブログを更新する。

誰が見ているわけでもないが
こうしていると少し落ち着くのだ。

そういえば、カウンセリングでは
自己の感情の処理方法として
言いたいことを紙に書き上げる
という方法があることを思い出した。

ブログを書く者の多くは
知らぬ間にセルフカウンセリングを行っているのかもしれない。

なるほど。
カウンセリングの定義からはかなり外れるが
この営みからは、人間の自浄本能のようなものを感じる。

もちろんそんな言葉はないが
人間は生れ落ちたときから死ぬそのときまで
ひとときたりとも離れることなく付き添うのは
まぎれもなく自身の躰と心のみ

この世で単独で行動せねばならぬ固体に
精神の自浄作用という回復能力を持たせないというのは
あまりにも無謀にして無残。

それゆえ人は趣味を持ち
それをもって、日々の生活の糧としてきたのだ。







気だるい一日が終わった。


私は少し、散歩をすることにした。


KC3H0083.jpg


沖縄にはもう、ヒマワリが咲いているというのか。

毎年毎年、ご苦労なことである。



この無垢な元気さには

不機嫌そうに歩く私でも、思わず視線を奪われてしまう。


そうだ、

私もこんな人になろう。




そうであればいい。


そう思った。



何事にも惑わされない、穏やかな心を持とう

そうも思った。


KC3H0084.jpg


私は小さな商店でメタルギアのマウンテンデューを見つけると

何の迷いもない動きでそれを掴み

大きな鼻息も隠さぬぬままに、小走りでレジへと向かった。

スポンサーサイト

雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<梅雨明け | ホーム | ルートビアを知っているか>>

コメント

どこぞのアマゾンの奥地みたいな生活デスカ
別の国の話のようです

スネェェェェク!
こっちのゲーセンは果たしてメタギアいれてくれるか
2010-06-18 Fri 21:38 | URL | ベーオウルフ [ 編集 ]
暑いよ沖縄・・・・

もうメタギア稼動すんのか。
沖縄のゲーセンには近日DIVAが入るようです。
2010-06-19 Sat 01:23 | URL | きつねこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。