最後から二番目の思想

それは終わりから二番目のような、儚く醜い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

思い悩むこと、思いを巡らせるということ

あと一回で落とすのか、はたまた既に落としているのか。
今日は授業に確実に出るために、こんな明け方に寝るわけにはいかない。

そこで今回、新たにジャンルを追加することにした。

私はいずれ、(私的に)作曲をすることになるだろう。
そのときのために、私の人生観を文章に起こし、書き溜めていこうと思う。

察しの良い方はお分かりいただけただろうが、
これから一読に値しない私の思想をだらだらと垂れ流すこととする。

何が言いたいかというと、「お嬢さん、お逃げなさい」ということである。
以下は、暇を持て余した天上人のような方々だけが
まるで石でも転がすように、スクロールバーを弾いて頂ければ
もはやそれだけで感謝感激あめあられ、光栄の至りというものでございましょう。




思い悩む。私はこの言葉が嫌いだ。

一言で言えば、

この言葉には、はちきれんばかりの欺瞞が満ち溢れている。


というのも、そもそも「悩む」というものは何なのか。

私が知る限りでの「悩む」とは、

「なぜ」「あのとき」「どうして」「どうしたら」

という、どうしようもない欝用語を並べ立て自問することである。


私は、ここで人間という生物の欠陥に気付かせられる。

なぜ人間は、自分では解決しようも無かった問題についてのあれこれを

「自分」が用意した言葉で、「自分」が答えることによって

物事を少なくとも、良い方向へと導けると信じてやまないのだろうか。


そもそも、「悩む」状態までに追い込まれているということは

非常に悪い状態の精神から生じた疑問を

非常に悪い状態の精神によって回答するということ他ならない。

これは自覚を伴わない自問自答、自作自演、自画自賛の精神、

ここから生み出されるのは茶番劇であると言っても差し支えないかもしれない。



普段の自分自身の思考さえ危うい「ヒト」という脆弱な生物が

「悩む」ということによって物事が快方に向かうなんてことは

「まず」ないと考えてよいのではないだろうか。



それに、人生がうまく進んでいる人間は悩んでいないように見える。

彼らの多くは、「選んで」「決めている」のである。

選ぶと悩む、これらは結果的には「決める」ことに直結する語に相違ないが

ポジティブな要素をもつ「選ぶ」、ネガティブは「悩む」ということから

ここでは「選ぶ」という語を用いている。


皮肉なことに、「悩んで決めた」こと「選んで決めた」こと

この世の殆どの成功は、後者が掴んできたのではないだろうか。

いや、掴んだに違いないのである。



「悩む」という、「ヒト」に宿命付けられた営みを疑うことなく生きること


そんな当たり前を、私は疑ってみる。そして


「悩む」ことは、最初から負の要素を孕んでいることを忘れてはならない。



それでもいい。誰もがそうして生きてきたのだから。

しかし、そうでなくてもいいのではないか。

それは、決して思考を放棄してしまえばいいということではない。


私はただ、「悩む」ことによって結論を見つけずに

「思いを巡らせる」という視点に立って、冷静な頭で考えて欲しい、と。


そして願う。

立ち込める闇のなかで周りが見えずに立ち尽くした自分に気付いたのであれば

周囲が見えている人に呼びかけ、手を牽いてもらえばいい。


盲目が盲目の手を牽きて、ともに穴に落つる。


一人で悩むということは、つまりはこういうこと。
二人で悩むということは、つまりはこういうこと。

周りが見えない自分では、迷いの森の出口へと、一直線に歩くことはできない。
周りが見えない他人にも、あなたの手を正確に牽くことはできない。




助け合うことを放棄すれば、人生はどこまでも困難な航海へと変貌する。

それは、航海が後悔でもあるとすれば、尚更のことである。





かつて無いほどの重苦しい長文、失礼致しました。

誠に勝手ながら、今回のオチはお休みさせて頂きます。

スポンサーサイト

作曲用の雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<私と沖縄そばとあれとこれと | ホーム | ~ヒマワリ逝去のお知らせ~>>

コメント

( ◇)ズェア!
2010-07-11 Sun 00:47 | URL | ベーオウルフ [ 編集 ]
8月帰るよー
Ray君とか居たらまたカラオケ行こうZE
2010-07-11 Sun 02:35 | URL | きつねこ [ 編集 ]
おぉ、楽しみですな!
その際はよろしくお願いしまする
2010-07-13 Tue 00:37 | URL | ベーオウルフ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。