最後から二番目の思想

それは終わりから二番目のような、儚く醜い独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

駄菓子懐かし夏、暑し

近所の駄菓子屋のオヤジさんが

くじ系の駄菓子を仕入れると言っていたので

先日は駄菓子屋に単独潜入してきました


行くときはだいたい一人ですけどね。



店に入ると中学生と思わしき二人が漫画を読んでいた。


私も学生の頃に、こんな場所があったらよかったのになぁ

と思いながら、駄菓子屋のオヤジさんと談笑を交わしつつ

狭い店内を隈なく見てまわる。


特に目ぼしいものもなかったが

何も買わずに帰るというのも、何となく気がひける。


私は、久々にくじを引くことにした。

まぁ大抵こういうときの私のくじ運というのは

周りが気の毒になってくるほどのものであり

前回のマクロスくじの際には、その能力を遺憾なく発揮したものだった。


毎回ここで引っ張るのもアレなので結論から書くと、当たった。

ホウ。

やるじゃないか俺!

サントリー角瓶を模した入れ物に、

未だに何という名前が付いているのかわからないものが入っている。

色つきで、プチプチとした、私の記憶によると、「サワー」が正しいらしい。


これはまぁご丁寧にフタまで付いてからに、どれどれ。

ちょwwwwwwwww

底から中身を取り出す構造なので、別の素材で作られてるフタはフェイクらしい。


久々に不意を突かれてしまった。しかも駄菓子に。


オヤジさんと二人で笑っていると、漫画を読んでいた中学生の手が止まる。


「負けてられねェ!」


おいwwwww張り合うのかよwwwwwwwww


全く面識のない女子中学生達は続けた。


「私の領域はこっち。」

といって、もう一人の中学生はコーラグミを指差した。



この口ぶりから察するに、どうやら彼女らは相当の「くじ狂」らしい。

この二人も「くじ」に取り憑かれた被害者の一人に過ぎないというわけか。



見ず知らずの大学生と張り合うくらいだ

一番くじを買いすぎて、コンビニ店員の間で有名になってしまう程度には

彼女たちの将来は有望であるに違いない。




私は、彼女がくじを引くところを見ることになった。

私はそっと彼女らの闘いを見守る。

というより視線を送りづらい。というより帰りたい。


それでも、すっと彼女の目へと視線を移す私。

す、凄い・・・・・!

何が凄いって、

こ い つ は 本 物 だ 。これは確実に「狩る目」だ。

彼女はぐるぐると箱の中身を回した。

そして一気に引き抜く、速い!テンション高すぎるだろ。

そしてくじを確認する!それにしてもすごい目をしておられる。


そして当たったァーーーーッ!!!


そしてこの顔である。




彼女らはしばし勝利の喜びを分かち合った後、私の方へと歩み寄ってきた。


「あなたのおかげで当たりました!ありがとうございます!!」


と言って、私にチョコのお菓子を差し出した。

どうやらチョコスナックのようである。



予想外の出来事に、私は少し焦ってしまった。

「あ、ありがとう(?)」

と返事をすると、オヤジと中学生に軽く挨拶をして駄菓子屋を後にした。


今のはなんだったんだ・・・・。

これまた不覚にも、少し笑ってしまった。

軽く綻んだ口元に気付き、すぐに表情を元に戻す。


私は歩きながら、先程貰った菓子を口へ放った。

これは一見普通の駄菓子だが、私にはあまり見覚えがないものだった。


こんなのもあったのか・・・・。

駄菓子好きの私としたことが・・・・。


私は舌の上で菓子を転がして遊んだ。

いざ噛んでみると、表面のチョコの甘さとは裏腹に、

中のパフが極端なまでに美味しくなかった。




これはひどい。




まだ一等の景品を眺めている最中であろう彼女の姿が浮かぶと

私はもう一度笑った。


KC3H0108.jpg
スポンサーサイト

雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<スライムの中のモノ | ホーム | 私と沖縄そばとあれとこれと>>

コメント

見ず知らずの女子中学生とのコミュニケーション!
そしてそれ以降も彼女達との接触の機会はあり
互いの距離は少しずつ縮まり、
そして男女の仲へと・・・・・!
萌える展開ダッゼ!!(二次元に限る
2010-07-22 Thu 11:56 | URL | ベーオウルフ [ 編集 ]
はやしやまとか例のえびせんの店とかあったじゃまいか

駄菓子で思い出すといえば青りんごカラーで1㎝四方のが20個くらい入った、爪楊枝付の薄いアレだの。
あとうまい棒ゼリー。
2010-07-22 Thu 13:34 | URL | 尾崎 [ 編集 ]
>>ベオウル君
そう考えると二次元って本当に広いよね
焦る。

>>尾崎君
林山とはまた別な感じで
中でゆっくりできるスペースあるんだよね
夏帰ったら林山いってくる。
2010-07-23 Fri 23:56 | URL | きつねこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。